"Done is better than perfect." | 田村雅樹のゴールデンルートストラテジー

“Done is better than perfect.”

facebookのBen Barryの有名な座右の銘です。
ココで注目したいのはDo ではなくて Done だってコトです。

「やるコト」ではなく「最後までやり切るコト」っていう感じ。
御存知の通り、DM0はベンチャー企業です。

社員にとって、‘委託業務を責任を持ってやり切る’コトは
業務の50%にすぎません!

「世界をダイレクトマーケティングだらけにする」つまり
「ダイレクトマーケティング企業を支援することで、ダイレクトマーケティングを世界に広める」というビジョンの元、
積極的に既存事業改善・または新規事業の企画を提案しています!

そのような個人的、またはチームから出てくる企画の山とは別に、
「企画王決定戦」というものが行われることも。

実現するものはその中の10…0%!
そして「やり切られる」ものは…100%です。
実現された(やり切った)企画でも、成功する確率は10%以下と言われています。
中には成功するものもたくさんあります!

・「オフィス移転プロモーション企画」
・「外部タイアップセミナー企画」
・「ゼロからはじめる通販アカデミー企画」
・「エコー賞応募PR企画」
・「コーポレートサイトリニューアル企画」
・「OISIX共同会報誌企画」
・「通販企業健康診断ツール」

などがあげられるでしょうか。
まあ、細かい企画は除いています。

一方、伸び悩む企業の場合、多くの人間が、企画した時点で終了してしまいます。
もっと伸び悩む企業の場合、企画そのものが出ません。

なぜか?

一つは「上司の命令に従い、業務を遂行すること」を「仕事」と考えているからかもしれません。
でも、ホントの原因は、業務効率が悪く、創造的な、またベンチャーな事業企画、販売企画に割ける時間が充分でないからかもしれません。

そのためには、業務効率の改善企画からはじめなければなりませんよね。
さらには、ベンチャーならどこの会社にも付きものの「経営リスク」を感じにくい環境なのかもしれません。

ま、言い訳はいくらでも考え付くんですよね。
やっぱり、一番は「やってみよう」「やってみなはれ」という
ベンチャースピリットなんでしょうけどね。

もし、自分で何かを企て、やり切ることができる人間だという方は、
ぜひ、僕たちとジョインしてみませんか?

ダイレクトマーケティングはとても魅力的で、
ダイレクトマーケティングが世界に広がる状態は、
想像するだけでワクワクしますよ☆

We promise your success!

-All