Be Positive! | 田村雅樹のゴールデンルートストラテジー

Be Positive!

二人の囚人が鉄格子の窓から外を眺めたとさ。一人は泥を見た。一人は星を見た。
~フレデリック・ラングブリッジ「不滅の詩」より〜

ボクがこの詩を知ったきっかけは、何を隠そうジョジョの奇妙な冒険の1巻なのですが、
オトナになった今、ボクはこのコトバをたまに考えます。
要は物事は捉え方次第でポジティブにも捉えられるし、ネガティブにもなるということです。

たとえば会社を経営していると、部下や友人に裏切られることもあります。
立ち上げ初期は、クライアントからの支払がないなんてこともたくさん経験してきました。

その瞬間は、とてもショックなのですが、
まあ、よい機会だなっ と思うようになりました。
そういう美しくない、余裕のない人たちと長く一緒にいて、負を抱えなくてよかった、
もっと大事にならなくてよかったと思うと、最近では幸運とさえ思えます。

そして、すぐ前向きになる。
なぜかというと、
いちいちそういう人たちのコトを考えている時間自体が無意味だし勿体無いんですよね。

対処については専門家に任せてw、
さっさと大義に戻る。

今の状況を後悔している時間は停滞。
サクッと総括して、ストックしたら、
未来へ向かいますよっと。

そんなとき思い出すのが、上述の詩です。
最近は、特に就活の学生に向けて、
Be positive!
という発信をしています。

人生は一度きり。思いっきり今の状況を楽しんでほしいです。

大丈夫。「シアワセ」が相対的なものである以上、絶対量は皆等しい。
あとは自分の中での基準次第。
完璧を目指すなんて勿体無い。
そもそも完璧なんて変わっていくものですから。

さっ、お茶でも飲んで、口角上げてみてください。
きっと、今日もいい日です(*´∀`*)ノ

we promise your success.

-All